現在のページ :  HOME >  保育目標

保育方針

日本一の伝統を受け継ぎ、未来に輝く子どもたちの成長を見守ります。

園内の様子

「三つ子の魂百までも」保育園で過ごす時期は心と体の基礎が作られる大切な時期です。

* 一人一人の子どもに愛情をもって接し、子どもの思いを受けとめ、心と体の豊かな子どもに育てます。
* 養護と教育が一体となった保育を通して、子どもが自ら選び、興味関心を持って園生活ができるような環境作りに努めます。
* 保護者の思いを汲み取り、協力関係を築きながら、家庭と一体となり、子どもの健全な育ちや子育てを支えます。
* 地域(下町)に根ざした保育を目指し、地域の人々とともに、子どもを育てる環境作りに努めます。
* 職員は、常に自らの人間性と専門性の向上に努め、専門職としての保育園の責務を果たします。

仲良く 優しい 素直な心、 元気に 明るい 健気な子ども

正しい言葉の指導

上手な挨拶

 日本語には美しい文章や言葉があふれています。諺や俳句もそうです。赤沢保育園では石井式漢字教育を採用し、日々の生活の中に漢字を採り入れて保育を行っています。漢字=(イコール)難しいと考えるのは大人であり、子どもにとっては漢字も、平仮名も、絵も同じです。漢字を教えるのではなく、遊びの道具として諺かるた、俳句かるたを使用することで、子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくようになります。なり行きまかせではなく、子どもたちの成長にあわせて積極的な指導を心がけています。

上手な挨拶

上手な挨拶

 「おはようございます」の挨拶で始まり、「おやすみなさい」の挨拶で終わる。そんな当たり前のことを、小さいうちから自然にできるよう、日常生活の中で繰り返し習慣付けをします。そうすることで、社会生活での好ましい人間関係を作ることが出来るようになります。

はだし保育

上手な挨拶

 足の裏を適度に刺激することが身体の健康や頭脳の発達に良いことは、東洋医学では古くからよく知られています。赤沢保育園の園舎では、無垢の木の床の心地よさを感じながら、はだしで力いっぱい走り回って遊びます。

このページの最初に戻る