2日(火) 英語で遊ぼう:お休み

5日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

6日(土) 入園式:10時より開式

8日(月) 対面式:新入園児と在園児の顔合わせ

9日(火) 英語で遊ぼう:ぞう組

16日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組

17日(水) 避難訓練:地震想定(全園児参加)

19日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組 *布団カバー洗濯日

19日(金) 保護者会総会、クラス懇談会(詳細は後日通知)

23日(火) 英語で遊ぼう:ぞう組

25日(木) 体位測定:4月の身長、体重を計測

26日(金) お誕生会:4月生まれの園児を皆で祝います

26日(金) 園だより等配布  *布団持ち帰り

29日(月) 昭和の日:祝休日

30日(火) 退位の日

立腰(りつよう)と 石井式漢字教育

 4月から新年度に入ります。現在のところ新入園数は卒園数とほぼ同数の見込です。近年の傾向として入園人数は4月に集中しないで、ぱらぱら五月雨(さみだれ)的の入園が最近の傾向。

 それはそれとして新年度にあたり赤沢保育園の保育の特色・力点についてをここで再確認・ご説明をさせていただきます。

 立腰・りつよう: について

 毎朝、各クラス朝礼で出席を確認する際、各人の名前を記入した紙カード(8㎝×25㎝程)を一枚一枚を整列・椅子掛けしている園児の面前に担当保育士が提示します。その提示の際、注目を集めるためにパッパッとフラッシュカード的に素早い動作で示します。そして自分のカードが提示されたら「ハイッ」と大きな声と共に右手を挙げて反応してもらいます。

 その椅子掛け姿勢のまま、各人一斉に目をつぶり腰骨と背筋をぴんとまっすぐにした姿勢を取ってもらいます。これが「立腰」です。背筋をピンとすることで気持ちが落ち着きます。その姿勢がうまくできない子には保育士は「腰骨を立てます」と言いながら一人一人の背筋を下から上へ指を添えてなぞり上げ、目をつぶるよう指示します。そうすることで子どもたちの気持ちを落ち着きへと導きます。落ち着いたところで各人の名前を記入したカードをパッパッと提示します。

 名前の表記は両親その他命名者が思いを込めて名付けた戸籍表記の通りです。漢字あるいはかな・カナ文字名前でもそのままの表記です。

 0歳児も5歳児クラスの場合でもこの朝礼のやり方は共通です。0歳児の子も自分の名札を認識して手を挙げて反応するのにさほど時日はかかりません。

 この名札読み上げの出席確認を毎日繰り返していると、自分の名前は勿論のこと他者の名前カードも識別できるようになるのにそれほどの時日を要しません。不在児の名札が示されると「お休みでーす」と一斉に反応します。名前カードの中に保育士職員の名前カードも混ぜます。こうすることで日頃親しい職員の名前を文字とともに知らず知らずのうちに頭に入ってしまいます。

 石井式漢字教育 について

 前述の朝礼時の名札カードの名前の表記は戸籍記載のままとしましたが、幼児だからと言って「かながき」が分かり易いということはありません。とにかく文字を全く知らない段階では「かな文字」であれ「漢字」であれどちらもチンプンカンプンの単なる線摸様でしかありません。

 たとえば、「あべしんぞう」「はとやまゆきお」の表記と「安倍晋三」「鳩山由紀夫」の表記の場合どちらが印象強く目に映り記憶に残るでしょうか?日本文字を全く知らない外国人にとって、印象強いのは複雑な漢字書きのほうではないでしょうか。一見して識別しやすいのは漢字混り書きであり仮名文字だけの線描は印象が薄く憶えにくいと言うことです。エジプトのピラミッドに残されている絵文字を想像してください。より複雑な絵文字の方が単純な線摸様よりより印象的ではないでしょうか。

 ご存じのように漢字の成り立ちは、物や現象を抽象化し造形・形体化したのが基本です。川の字が流れをかたどったものであり、山の字や田んぼの田の字や心臓の心の字などは全く実感そのままです。漢字には一つ一つの字にそれなりに意味・由来があります。それだけにアルファベットのように音標化した文字とは全くことなります。

 普通の日本語は漢字・仮名まじりです。それだけにひらがなやカタカナだけの文章表記では呪文(じゅもん)のようでわかりにくい。幼児期の本でも通常漢字記載場合はの表現をとるべきだというのが石井式の考え方。それにはまず漢字にできるだけ早多く接触しく慣れ親しんで欲しいというのが石井式の考え方。

 毎朝の点呼で漢字表記のまず自分や近しい人たちの名前から親しむことがもっとも早道であり手近な習得法だ。

 言い古された例文ですが「べんけいがなぎなたをもってさしころした」かな文字書きのこのままでは何のことやら判りにくい。これが「弁慶が薙刀を持って刺し殺した」となるとすっと分かり易い、と言うことです。

#

 平成31年3月23日(土)ぞう組11名の皆さん、元気よく卒園しました。

 警察官、消防士、犬のお医者さん、新幹線の運転手、モデル、アイドル等々の将来の夢・希望を教えてくれた皆さん、めでたく元気よく保育園を卒園しました。

 赤沢保育園創立の歴史は明治23年(1890)ですので、今年2019年で128回目となります。

 明治23年当時は小学校の入学率が2割程で5人に1人。 現園長の祖父が「静修学校」と命名した小学校課程の教習所を創立したところ小さな弟妹や奉公先の赤ん坊を背負った生徒が複数いたためその幼児を別室にまとめたことが保育事業のはじまりとなりました。

 卒園生の皆さんのご多幸をいのります。

平成31年4月号

☆保育士及び保育補助募集しております。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

令和元年6月号
令和元年5月号
平成31年4月号
平成31年3月号
平成31年2月号
平成31年1月号
平成30年12月号
平成30年11月号
平成30年10月号
平成30年9月号
平成30年8月号
平成30年7月号
平成30年6月号
平成30年5月号
平成30年4月号
平成30年3月号
平成30年2月号
平成30年1月号
平成29年12月号
平成29年11月号
平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668