1日(火) 英語で遊ぼう:(ぱんだ組)

2日(水) 園内はだか相撲大会:(全園児参加)

4日(金) 新潟まつり民謡流し:職員参加(19時より)

8日(火) 英語で遊ぼう:(ぞう組)

9日(水) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

11日(金) 山の日:祝日

18日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

24日(木) 体位測定:8月の身長、体重を計測

25日(金) お誕生会:8月生まれの園児を皆で祝います

29日(火) 避難訓練:火災想定(全園児参加)

30日(水) 園だより、献立表配布

31日(木) 園だより・献立表等配布、午睡布団の持ち帰り お買い物ごっこ:(全園児参加)

僥倖 望外 茫洋

 いきなり漢字熟語の羅列で恐縮ですが読みはそれぞれ ギョウコウ・ボウガイ・ボウヨウとなります。先月の園だよりで取り上げたプロ将棋界に中学生デビューした藤井聡太四段の活躍が全国的な話題となりました。

 実は彼がマスコミ取材とのやり取りに上記の言葉が彼の口から使用されていたのでした。

 取材に対するかれの応答の中で、連勝も僥倖(思いがけない幸せ)であり、望外(予想以上の幸運)な結果であり、いずれの一局もその初めは茫洋(海のように広々と果てしないこと)としているものだと、とにかく謙虚な話しぶりに驚きました。しかも中学3年生で上記のような単語が自然に口をついて出るのにはさらに驚きました。日頃よほどの読書を重ねていることが察しられ、彼の教養の厚みに一段と奥深いものを感じます。

 藤井四段が五歳の時に祖父母がたまたま将棋の入門セットを与えたらそれをすぐに理解し、たちまち祖父母も打ち負かすようになった。これでバッチリと彼の体内にスイッチがはいったのですね。将棋という一定の条件ルールのもとでは年齢や体格の違いに一切関係なく勝ち負けが決まる、五歳の子どもでも相手が祖父母であれ両親であれ他人であれ教養・社会経験と関係なく同列に勝負が決まる。一定のルールのもとで技を競って勝敗決めること、言ってみればそこはそれなりの一つの世界です。将棋することでそれまでの幼児の世界から一段と異なる成長段階(世界)に突入したのですね。

 今後の活躍には目が離せなくなり楽しみです。

 さて、それはそれとしてこの藤井四段の話題をキッカケに将棋を始めてみませんか!

 お父さんと娘さん、お母さんと息子さん,お祖父さんとお孫さん、お姉さんと弟さん、などなどのそんな組み合わせで将棋盤を囲んで一家でトーナメント戦など、思ってみるだけでも和やかなものを楽しいものを感じませんか!

 半世紀以上前の昭和の初め頃の園長の思い出話で恐縮ですが、将棋となると実は父と将棋をとおしてのひとときが懐かしく思い出されます。

 父からは最初からの手ほどきを受けました。それが何歳の時だったか正確に思い出せません、小学校2~3年生の頃だったでしょうか。一つ一つの駒の動きや機能や将棋のルール等を教わりました。夕方になるとご近所の将棋好きな方が週に2~3人は遊びに来られました。父はこの近所では結構強かったようです。小学校高学年頃には何とか勝負になった記憶があります。

 今思い出してみると当時将棋は現在よりも明らかに盛んでした。夏の蒸し暑い夕方になると通りに面した家々の前は、当時はテレビや空調冷房はもちろんスマホもなかったので蚊取り線香の香りの立ち込める家の軒先は、ウチワ片手の夕涼みの人々がぞろぞろ目につきました。そして町内のあちこちに腰掛をを持ち出して将棋を楽しむ人の風景は普通に見られました。天の川の美しい星が空いっぱいに輝いていました。牽牛も織女もはっきりと見えました。今の新潟ではそんな光景は別世界の話になりました。

 毎年7月の最終金曜日の夕方、年長児の皆さんの園生活での楽しい想い出のために普段とは一味違った趣向を体験してもらったりする「夕涼み会を」催しております。これまでは礎消防署さんをたずねたりして夜の街探検などがメインでしたが、今回7月28日は消防署が移転した関係もあって、園内だけでの行事jになりました。

 今回は、まず年長児の皆さんには帰宅してもらい、その後5時半までに再登園していただきました(都合つかない方はそのまま在園)。

 夕食はセルフで自分の食事を盛り付け、焼きそばその他を楽しんでいただきました。その後暗くなった2階の保育室を"お化け屋敷"に見立てて肝試し体験。職員のお化け仮装(右写真)の怖さでホントに泣き出す子も出ました。

 

平成29年8月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668