1日(日) 平成29年元旦(西暦2017年)丁酉(ひのととり)(祝休日)

4日(水) 保育開始

7日(土) 第17回漢字かるた新潟県大会:新潟ユニゾンプラザ多目的ホールで
(受付9:30 開会10:00~15:30終了予定)

9日(月)  成人の日(祝休日)

26日(木) 1月生まれの園児を皆で祝います

2016年もあと数日になりました

 今年もあと数日で過ぎ去ろうとしております。

 平成28年、4月に熊本県地震、世界的には8月にリオ・オリンピック、その他アメリカ大統領選等々実にいろいろな事がありましたが、あと数日で2017年と年があらたまります。

 12月の「園だより」で今年の夏・秋の季節気候の動きがおよそ50年前の「三八豪雪(1964年)」直前の気候の変化とよく似てので豪雪再来がなければとの気象庁の懸念に触れましたが、現在のところまだその兆候はありません。と言っても冬の到来はこれからのこと、今の段階ではまったく不明です。しかし北海道の12月の降雪は50年ぶりの大雪とのことでその50年ぶりが気になりますが今のところ東北地方や新潟県にはまだ「豪雪」のどころか全くの暖冬状態、と言ってもまだほんの冬のとばくちです。これから先はわかりませんがほどほどの降雪でお願いしたいものです。

 今年の流行語の中で「保育園落ちた、日本死ね」が入ったのには保育園関係者としてはまさかとは思っておりましたがびっくりしました。保育園に対する関心話題が高まりそんな言葉が国会を動かしたり保育園関係語句が年間流行語に入るなどは問題意識や世間の保育に対する関心が過熱状態と言えるかと思われます。もともと得体の知れない出所不明の言葉のとばっちりで国のお役人たちは世間に対する言い訳・言い逃れ対策として、躍起になってやたらと保育制度利用にバリアー・規制を細かく設置している現状だ。その中には施設運営の個性と自由を制限するいやらしさとせこいものを感じている。現在のそれも首都圏京浜地区に集中する入園希望の過密事情を全国一律に画一的に律しようとする焦りを強く感じる。こんな国の動きは日本の子育て環境を細かくせこい方向に向けているだけで明るい闊達な子育て環境の構築方向に向いているとは到底思えないもどかしさを感じるばかりだ。

 先の大戦後の約70年前、いわゆる団塊の頃の年間出生数はおよそ270万人、それが今年の推定出生数がその3分の1に近い98万人に落ち込んでいる。それにひきかえ今年の死亡数は約130万人が予想され差引日本全体で約32万人の人口減少がみこまれる。これは県庁所在地の秋田市や盛岡市に相当する人口が一年で消滅することになり大変な問題だ。

 そんな数字確認のため国の人口動態統計を調べていると次のような興味深い数字に出くわした。 年間婚姻件数が約62万1000組に対して離婚件数が21万7000組という数字である。何のことはない結婚3組に対して1組の割合で離婚していることになる。いろいろな事情があるにしても高い比率に驚いている。

 A Happy New Year

 今年のクリスマスお楽しみ会は思わぬ豪華版となりました。

 ひよこ組のお母さんのお一人、高校の音楽の先生をなさっている Sさんがご友人の大学の音楽講師のソプラノ歌手のNさんと一緒に園児たちのために音楽プレゼントをしたいとのご提案をいただきました。喜んでお受けすることにしている矢先にまた別に園の英語遊びの先生AJさんが(6年間勤務し急に退職したマルコ先生の後任)お得意のチェロ演奏を子どもたちにしてあげたいとのご提案。またそれとは別にサンタ役は新潟大学の学生さんのご協力をお願いしておりましたので本当ににぎやかなクリスマスになりました。

 子どもたちにとって本物の楽器による「聖しこの夜」や本格歌手による「赤鼻のトナカイ」や「サンタクロスがやってくる」等々本当にありがとうございました。

テルジン・マルコ先生さようなら

 この12月6日のレッスンが終了したところで話があるとの申し出で、それがその日を最後にしたいとの話でした。理由は一家で(日本人の奥さんと子ども4歳男と2歳女の4人)ニュージーランドに長期滞在し永住も考えているとのこと。

 もともとマルコ先生は英国ロンドンの1976年生まれ。ロンドンの大学を卒業、その後スペインのj地中海に面したマラガ市で同地の大学も卒業。父はセルビア人、母はイラン出身でスペインのマラガ市にお住まいとか。大変な旅行大好きで当園勤務中も毎年夏は一か月以上の旅行を楽しんでいた。旅行先はチベット・モンゴル・タイ・シンガポール等。日本国内では昨年当時3歳の長男と一緒に富士登山をしている。旅スタイルは文字通りパックパッカー、友人先を訪ねたりしてのエコノミー旅行、とにかく日本流の物差しでは測りきれない自由な考え方、活き方を楽しんでいる。

 当園との縁は平成22年4月からですから6年8月間園児たちと親しんでくださった。彼の子どもさんたちは英語・スペイン語・日本語と三か国語トリリンガル。今後のご一家のご多幸を祈ります。

皆さんコスタリカ国をご存じですか。

 急なマルコ先生の退職、しかし彼は後任を用意しておりました。名前はアンタルキーノ・ロメロ・アヴァロス。単にAJ(エージェイ)と呼んでほしいそうです。お年はマルコ先生より一年上の38歳。現在北区の松浜に日本人奥さんとお住まいです。そして彼の国籍が上記の中米コス・タリカなのです。

ジュニア美術展奨励賞に2名入選:

 ぱんだ組とうさぎ組の2名が見事奨励賞に入選しました。おめでとうございます。

平成29年1月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668