4日(金)餅つき大会:全園児で楽しみます

9日(水)園内かるた大会

14日(月)郵便ごっこ:ぞう組が中心となって手紙のやり取りをする

17日(木)お誕生会:12月生まれの園児を皆で祝います

23日(水):天皇誕生日(祝休日)

25日(金)クリスマスお楽しみ会:歌やダンスをして楽しみ、
    サンタさんからプレゼントを頂く

・12/29~1/3まで・・・年末年始のお休みとなります。
 どうぞよいお年をお迎えください。

 おんぶ と 抱っこ

 先月号11月園だよりの中で「三歳児神話」について触れました。安倍首相の子育て政策論の中に育児休業3年取って抱っこをしまくれるようにとの趣旨の発言があった。この首相の発言ではからずも「三歳児神話」が50歳代以上の人達にはある程度定着していると想像される。

 昭和中頃までの外出時の母親の幼い子どもの扱い方は、ほとんどが乳母車を使用するかおんぶだった。そのおんぶは寒い季節には「ねんねこ」と言った大型の半纏(はんてん・うわぎ)ですっぽりおおって暖かそうだった。それが今では「おんぶ」姿を見かける事が本当に少なくなり、たまに出会っても「ねんねこ」にお目にかかることはまずなくなった。

 70年前の第二次世界大戦の敗戦を契機に日本人の生活様式はあらゆる点で大きく様変わりした。赤ん坊の扱い方が背中のおんぶから前抱きの抱っこに変わったこともその一つだ。専用の抱っこ紐で抱っこする習慣はもともと日本にはなかった。

 戦後、米国軍家族やその他の外国人が多く日本国内に住むようになると当然外国の生活様式を数多く目にするようになる。かれらが当たり前のように子ども達を抱っこしている。そんな影響もあってか今さらながら抱っこが圧倒的に多いのに気付かされる。抱っこかおんぶかなどと云々する必要がないほど圧倒的に抱っこが多い。

 聖母マリアがわが子キリストを胸の前で抱きしめてじっと寝顔を見つめる構図はあまりにも有名だ。それが聖母でなくとも、普通の母親がじっとわが子の安心しきった寝顔に見入る姿はそのまま絵になる。そのような絵の影響もあって西欧では前抱きが主流になったではと思いたくもなる。

 抱っこ結構。大いに抱っこしまくればよろしい。ただ抱っこ一辺倒だけでなく、おんぶのよさにも承知していてほしい。それなりに使い分けることも考えてみてはどうかと言いたい。抱っことおんぶの違いを念頭に、時に合わせて使い分ける利口なお母さんがいてもいいのではないでしょうか。

 まず抱っこで気になる点が幾つかある。 まず、①一人のこどもしかみれない。 ②足元の見通しが悪くなり歩行中つまづく危険性が高い。③両手がほとんど使えない。 ④母親が前かがみになった時、例えば靴先を揃えたり、物を拾い上げようとすると子どもがすっぽり抜け落ちて頭から真っ逆様になり頭部に大けがをする、実際この事故は結構発生し死亡もある。 ⑤子どもとの接触ふれあいが過剰になる、等々がある。

 おんぶについて考えてみる。おんぶの利点は何と言っても両手が使える事だ。子どもをおんぶしながら炊事をしたり、洗いものをしたり、後片付けをしたりと普通に近い状態で別な作業が出来る事だ。母の背中で母親のぬくもりを全身にうけながら安心して眠る、なんと素晴らしいことだろう。昔からのやり方で見慣れているからダサいのだろうか。

 抱っこも大いに結構だが、おんぶの利点と効用についても見直して、時には使い分けてみては如何でしょうか。

 バザー・作品展

 保護者の皆様の暖かいご協力の元で11月7日(土)本年度の「バザー・作品展、好天にもめぐまれ無事に楽しく終わることが出来ました。厚く御礼申し上げます。

 右写真は各組それぞれ一人一人が松ぼっくりを素材にして、各組の動物をイメージした人形を造り、五階建ての家に並べてみました。

《11月13日(金):こあら・うさぎ・ぱんだ・ぞう組:こんぴら神社七五三宮参り》

 ずいぶんおかたい名前の団体の皆様が11月9日(月)に来園されました。同会は基本的人権問題を地域の皆さんから相談を受けたり、その解決のお手伝いをしたり,いじめやDV(家庭内暴力)などの問題を一緒に考えたり、ときには 法務局と協力して被害者を助けたり、人権問題について地域の皆さんに関心を持ってもらえるような活動を行っています。その一端として地域に親しんでもらうための活動として、保育園や施設を訪問、球根を園児とともに植えたり紙芝居等を通して人権意識を高める事がねらいです。

 なわとび大会

 11月27日(金)、園内遊戯室で、ぞう・ぱんだ組の皆さんによる「縄跳び大会」を実施しました。この一ヶ月の休み時間、壁に毎日の記録をつけながら練習に励みました。

平成27年12月号

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668