3日(火):雛祭りお楽しみ会

4日(水):就学前交通安全教室 (ぞう組)

11日(金):避難訓練:地震想定(全園児参加)

13日(金):お誕生会:三月生まれの園児を皆で祝います

18日(水):卒園式予行練習(10時開始予定)

19日(木):お別れ会:卒園児と在園児、職員とのお別れ会

21日(土):春分の日(祝休日)

25日(水):第124回卒園式(10時開式:3,4歳児は式に参加)

天行健 君子以 自彊不息

 赤沢保育園の位置する新潟市中央区の下町地域の小学校、入舟・栄・湊・豊照の四校が生徒数減少のため今年の3月末で閉校することになり、同校区の生徒達は27年4月から新しく開設される日和山小学校一校に統合されることになりました。校舎は現在の栄小学校を建て替えて2年後に新校舎となる予定ですが、それまでの2年間、現在の入舟小学校の校舎を使用通学することになっている。
 昭和19年に豊照小学校を卒業した筆者ですが、実は近年、同校の同窓会に関係ありましたので、同校の閉校に際していろいろと関わらせていただきました。
 創立142年の歴史の豊照校、旧新潟町以来の新潟市の中で鏡淵校とともにもっとも古い歴史の母校が閉校になるとは、感無量です。明治6年(1873)、明治新政府が文明開化事業の大目玉として義務教育制度を発足、当時の新潟町(現在の新潟島地域)に五校を開設した。その五校とは鏡淵校・西堀校・四番堀校・洲崎校・豊照校で、豊照校以外はそれぞれ超願寺・光林寺・真宗寺・長音寺等の寺院で発足した。豊照校だけは北毘沙門町の料亭の建物を借家して校名を始め「勇進舘」で開校。程なく現在の敷地の見方町に校舎を新築移転し校名は隣接町内にあった豊照稲荷神社に因み豊照校となった。

 さて、上掲の昭和18年(1943)の豊照校創立70周年記念式の写真です。この中に私(園長)は生徒として入っている。写真正面演壇上は校長坂井義雄先生。その右手上の扁額には「自彊不息(じきょうふそく)」の四文字が書かれている。三条市出身の鈴木壮六陸軍大将の筆によるもの。語句の出典は孔子の論語、全文は上掲の「天行健(てんこうけん)にして君子(くんし・心がけ正しい人)は自彊(じきょう)にやまず」となる。その意味は、「天の日・月・星の規則正しい動きのように心がけある人は常に自分を強める努力を止める事がない」。彊は強と同意。「不息」は息をするようにやめないことを意味する。執筆者が軍人のため処分されたのか現在所在不明。その力強い字影はいまでもはっきりと目に浮かんでくる。

白鳥は哀しからずや空の青 海のあをにも染まず漂ふ

 冬の二月初旬、新潟市内西区赤塚の佐潟(サガタ)沿いを車で東京からの友人と走った。佐潟は知る人ぞ知る白鳥飛来数が7000羽以上と水原(スイバラ)の瓢湖(ヒョウコ)よりも多い日本一のスポット、つい先年までは自然が多く残っていた街道沿いの湖岸、今はすっかりと整備され、駐車場、ベンチや公衆トイレなども設置された。白鳥見物もありそこで一服。

 頭上や水面に舞い遊ぶ白鳥を眺めながら文学好きの友人の脳裏に浮かんだのが上掲の短歌。私に向かって『白鳥を見てこの歌をおもいだしましたが作者が思い出せません。ご存じですか?』 たしかに有名な聞き覚えのある短歌。だが残念ながら私も思い出せなかった。たしか明治期のものと懐かしい気持ちでその後確かめた。

 作者は旅と酒をこよなく愛した明治18年(1885)宮崎県生まれの歌人若山牧水(ぼくすい)。

房総沖を詠んだと言われる白鳥の歌の解釈は次の様になるのでしょうか。

  「(ハクチョウではない)白い鳥(カモメ?)が空の青色にも別の海のアヲ色にも負けないはっきりとした白を際立たせて水の上を漂っているその姿のいじらしいことよ。」

 時には明治人のセンスにも親しんでみましょう。牧水の旅の歌・酒の歌を数首:

   幾山河越えさり行かば寂しさの  はてなむ国ぞ今日も旅ゆく

   上野と越後の国のさかひなる  峰の髙きに雪ふりにけり

   人の世にたのしみ多し然れども  酒なしにして何のたのしみ

 しっかりと酒と旅を楽しんだ牧水、肝硬変で昭和3年43歳で早々とあの世に旅立った。

  注)上野=こうずけ=群馬県

平成27年3月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668