3日(火)節分:「豆まきお楽しみ会」手作りお面をかぶって楽しみます

4日(水):新潟小学校5年生来園(総合学習のため)

11日(水):建国記念の日:(祝休日)

12日(木):避難訓練:火災想定(全園児参加)

19日(木):お誕生会:二月生まれの園児を皆で祝います

24日(火):お遊戯会予行練習(9:30開始予定)

28日(土):お雛祭りお遊戯会(9:30~11:30、園児は9:00までに登園)

節分

 昨年暮れの12月初旬・中旬には二度にわたって30㌢余の降雪があり暖冬予想の気象庁の長期予報も見事に大外れと思われたが予報の修正はなかった。

 立春の前の十五日を旧暦の二十四節気では大寒と呼んで一年で最も寒冷な時期なのだが、今冬の新潟市はどうだろう。その後本格的な降雪もなく、今日29日現在積雪はゼロ。新潟市は記録的な無雪暖冬といえる。

 立春の日を境に旧暦では年があらたまり旧年の邪気(鬼)を追い払って新年を迎えるために鬼の嫌う豆をまいて退散させ新しい年を迎えるというのが「節分の豆まき」。昨年の『園だより2月号』では日本テレビの朝の番組全国ネット[ZIP!]の「ハテナビコーナーの園児達の取材放送予定紹介した。その放送のご記憶の方もおられるかと思います。

 実は今年も年明け早々東京のテレビ局TBS が新潟の子ども達が雪だるまと遊ぶ情景の取材に訪問したいと申し入れがありましたが、せっかくですが雪が全くないのでと辞退いたしました。その電話の頃も今も連日のお天気情報は新潟地方は毎日のように雪を報じている。新潟地方として確かに降雪はあっても新潟市は積雪ゼロと言ってももなかなか信じてくれません。全国放映のための取材申し込みだっただけに残念でした。ほんとに近年の気候はどうなっているのでしょう?

燈台もと暗し(石井式 諺かるた)

 「園だより」の中でこれまで数多くの有用な名言・格言などを紹介して参りました。これからもそれは心がけます。

 ことわざはそれが 多くの人にその内容の確かさや当然性に「がってんがってん」と肯定せざるをえない言葉や気持ち、願望等が端的にこめられており、その納得性の高いものが諺(ことわざ)として残ります。別の言い方をするならば「ことわざ」はご先祖の残してくれた「生活の知恵、心の指針」の言葉の塊り、貴重な遺産お宝なのです。

 また俳句かるたは自然や心の動きをもっとも端的に美しく切り取った名句ばかりです。 「かるた大会」で使用している「かるた」は実にその名句・名言の倉庫なのです。

 例えば「諺かるた」の中の一つに「桃栗三年 柿八年」があります。これは、文字通り桃や栗の木は芽生えてから果実をつけるまで三年かかるよ、柿は八年かかるよと言っている。植物の生育するさまの表現がなぜ諺になるのか。桃も栗も実をつけるまで3年を要するかもしれないが3年経てば桃や栗は放っていても大半は実をつけるものだと、それが自然だよと教えている。その時期を早めたり遅くすることは不自然なんだよとも告げている。

 あるいはその三年を早めたり遅らすことは出来るかもしれない、がそれにはそれなり特別な工夫や努力が必要でありそれなりの副作用があることも考えなくてはならない。そのようなことを一々考える事は深読み過ぎではとの思いもあるが、どう深読みするかで諺の意味が成り立つのでは‥。

 この句にはこんな後句があるのをご存じですか。
 「桃栗三年 柿八年 柚子(ユズ)の大バカ十六年」

 「俳句かるた」から一句:
 雪解けて村いっぱいの子どもかな   小林一茶

 一茶は新潟県境に近い雪深い信州柏原の出身、長い冬の間じっと家の中にこもっていた子どもたちが春とともにいっせいに外に飛び出して声を張り上げる、ひっそりしていた村がいっぺんに賑やかになる。

今の日本中がそうありたいですね。

 新年恒例の石井式漢字かるた新潟県大会、今回は第15回を数えます。

 日時は1月10日(土)午前10時開会、場所は中央区上所「新潟ユニゾンプラザ」:参加者は総数198名。

 参加園は三条市きらきら、本成寺、ふじの木、新潟市西蒲区竹の町、秋葉区敬愛、江南区割野、そして中央区赤沢の計7園。

 今年も三条の3園さんに大部分を持って行かれました。 赤沢は諺年長で準優勝、俳句年長・年中各三位、その他入賞者6名と善戦健闘、今年はかなり練習を重ねましたが残念ながら優勝は全部三条さんでした。

平成27年2月号

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668