お知らせ

2014/10/01
衣替え
2014/10/01
赤い羽根共同募金開始 ※ご協力締切10日まで
2014/10/03
秋のいも掘り遠足:「江南区酒屋町」の畑で (保護者同伴)
2014/10/07
内科検診
2014/10/08
保護者会委員会:議題「バザーについて」13:30~14:30
2014/10/13
体育の日:祝休日
2014/10/15
避難訓練:火災想定(全園児参加)
2014/10/23
お誕生会:10月生まれの園児を皆で祝います

 教育保育の場で表題の『四訓』が注目されています。
ご紹介をかねて一緒に考えてみましょう。

  1.    1. 乳児はしっかり 「肌を離すな!」
  2.    2. 幼児は肌を離せ 「手を離すな!」
  3.    3. 少年は手を離せ 「目を離すな!」
  4.    4. 青年は目を離せ 「心を離すな!」

 ネットでは「アメリカインディアンの教え」とか山口県の教育家がその経験を通してまとめられたものとかと言われております。その出典来歴はさておいて、子育てと関係ある立場にあっては心に響く言葉です。

 子育てに関してこの「四訓」は若い親たちにとって分かりやすくリズミカルに要領よく基本的な要点を押さえた名言だと思います。
 とは言ってもいざ実践となるとこれだけでは分かりにくい問題が多くあることに気がつきます。
 例えば「乳児」の定義一つとってもいろいろあります。乳児の定義は一般的には母乳(人工乳も含む)を主たる栄養源としている時期、満一年前後の離乳時期までが乳児と解することが一般的ですが。 ここで気になることは離乳の定義です。4歳5歳になっても母親の乳を飲んでいる場合はどう理解するか問題が生じます。大きくなっても母親の授乳を受けていても、実際は母乳だけでなく普通食も当然とっているはずです。授乳をいつまでも求めるのは身体的に正常に成長していても、こころがまだ乳児の領域に止まっていることになります。
 離乳時期一つとっても皆さん当然マチマチです。以前は時期がきたらいろいろな努力をして授乳をやめる行為・断乳が必要との考え方が強かった。最近は卒乳という表現でできるだけ強制感をともなわない優しい言い方で、本人がほしがるのに与えないことの罪悪感を避ける表現、断乳というきつい語感から逃げる気持ちが先立っている。ために離乳の大切な時期をあいまいにしているのではないでしょうか。
 子どもの数が多いと次の子どものために上の子どもの授乳を止めなければという期限がつくので、母親も割り切ることに迷いが少なくなるのですが、一人っ子や末っ子の場合離乳に踏み切るのに二の足を踏みがちとなります。その二の足や三の足の迷いが実は子どものこころの形成に反映するのです。子どものこころは親のこころを一番大きく反映して形成されるのです。母親はそこで厳格になれというのではなく賢明になって欲しいのです。

 三つ子の魂百までもはよく知られたことわざです。三つ子とは三歳児のことですが、昔流の数え方ですから今流なら二歳児になります。その三つ子の魂の二歳児のこころの基礎が形成されるのが言うまでもなく0歳、乳児の時期です。この時期に適切な対応すればその後も順調に方向づけられるのではと思います。
 因みに乳児は一歳まで、幼児は就学前まで、少年は高校の年齢まで、青年は十七・八歳から二十二・三歳までか。それ以上が成人かと考えます。そして成人したら信頼しましょう、とわたしは主張します。

 テニスの錦織圭選手全米オープン大会で準決勝の見事な成績には、日本のテニス愛好者やスポーツファンにとっては、何よりの嬉しい快挙でした。永年日本にとって縁遠かったというよりもあたかも踏み込むこと出来なかった禁断の聖域だったテニスの世界四大会(全豪、全仏、全英、全米)の決勝に踏み込んだのでした。
 ここで慣れないスポーツ談義ではありません。錦織選手の呼び方が文字通りのにしきおりではなくにしこりと呼んでいることはご承知の通り。選手の出身地島根県ではにしこりが普通のようです。大体西日本一帯ではにしきおりではなくにしこりの呼び方が多いようです。なお、錦織の読み方はまだ別の読み方ありますがそれは御調べ下さい。

 「9月の園だより」で、九州長崎県平戸藩主松浦静山の話を紹介しましたがご記憶と思います。この読み方ですが、平戸はひらとではなくヒラドとにごって読むのが正しい。そして松浦の殿様はまつうらではなくマツラと読むのが松浦静山の場合正しいことをお伝えします。人名や地名の読み方は全くそれぞれです。新潟や佐渡のことをニイカタサトと読まれたら私たちにはそれって何処ってなりますよね。
 松浦静山公が文武両道の達人とご紹介しましたが、余談ですが子造りも達人で何と17男16女の子だくさんのスーパー殿様でした。

 好天に恵まれた9月18日(木)、うさぎ組、ぱんだ組、ぞう組のみんなで鳥屋野潟湖畔の県立自然科学館を訪問。恐竜模型展示場の「親子恐竜マイアサウラ劇場」ではなかには怖ーいと泣いた子もいましたが、それなりに楽しめた様子。おいしいお弁当ありがとうございました。(各組担任一同)

平成27年度の入園申込受付が始まりました

 9月14日(日)発行新潟市報平成27年度の保育園入園案内が発表掲載されました。来年4月に入園希望される方は第一希望保育園から入園申込書を受けとり、10月1日(水)~10月31(金)までに希望保育園に提出申込みすることになっております。

 来年度の当園の受け入れ状況ですが受け入れ可能数にあまり余裕がありませんので、入園希望の方はできるだけ早めに園にご相談の上、手続きをされるようお奨めします。

平成26年10月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668