お知らせ

2014/9/08
十五夜:お月見お楽しみ会(おにぎりパーティ)
2014/9/10
交通安全教室:
2014/9/11
避難訓練:地震想定(全園児参加)
2014/9/15
敬老の日:祝休日
2014/9/16
保育参観:(3歳以上児)
2014/9/18
自然科学館見学
2014/9/23
秋分の日:祝休日
2014/9/26
お誕生会:9月生まれの園児を皆で祝います

 夜の河原の土手に月見草が咲いている季節になりました。新潟県代表の日本文理高校が四強に名を連ねる大活躍をして夏の全国高校野球大会が終わりました。大会が終わると日本文理の活躍のおかげで大会の進行に思わぬ力が入っていたのか気温の低下もあって急に秋を感じます。

 今年の大会は逆転試合が目立ちました。まず新潟県大会決勝戦で関根学園を日本文理が9回逆転ホームランで破って代表を決め、甲子園でも対富山商と愛知東邦の2試合を逆転で勝っている。ああっ負けかなとあきらめかけていたのにまさかの逆転、そんなときの瞬間、見出しの「勝ちに不思議な勝ちあり」が頭に浮かんでくるのです。日本文理の勝ちが実力努力の表れとはいえ、流れが相手に傾いている土壇場の状態での逆転をみると一瞬ホントかなと信じられない気になります。

 元プロ野球の大選手(捕手)・監督(阪神、ヤクルト、楽天)だった野村克也氏がこの松浦静山の言葉をよく引用しているそうです。野村氏のプロ野球での記録は実に偉大で、見事なものです。野球殿堂入りしている頭脳派勝負師の野村氏がこの静山公の言をよく引用されるのですから意味深いものがあります。因みに野村氏は「王や長嶋がかがやくヒマワリなら、私はひっそりと日本海に咲く月見草」と自分を評している。野村氏の出身は京都府の日本海に面した小さな町であり、経済的にどん底の苦しい中をやっと高校を出て這い上がるように無給でプロの世界に飛び込み、言い知れぬ努力を積み重ねてその後を築いている。それだけにこの言葉の重みを強く感じる。王氏や長嶋氏も大変な努力練習の結果ではあっても甲子園や大学野球等での評判実績を踏まえて順調にプロ入りしたのとは大違いだ。でもおっしゃるほどひっそりだったかどうか‥?

 肥前平戸藩主松浦静山公について説明しますと、肥前平戸は現在の長崎県平戸市で、平戸市は平戸島とその対岸松浦半島の一部の地域。平戸島は16世紀ポルトガル国のキリスト教宣教師フランシスコ・ザビエルが上陸、キリスト教を布教した場所として歴史上知られておりその史跡が多く残っている。

 松浦静山はその平戸島とその一帯を治めた平戸藩の第9代藩主でしたが大変な学者であり剣術・柔術は免許皆伝の名人というスーパーマン。剣術の心得を説いた著書「剣伝」の中で「不思議な勝ち云々」が述べてあるとのこと。藩主を隠居したあとに書き綴った随筆集「甲子夜話」がありその中で「信長、秀吉、家康の三人の性格をホトトギスを例にそれぞれを、鳴かざれば殺してしまえ、鳴かしてみせよ、鳴くまで待とう」の有名な話を紹介している。静山公自身の説ではなく読み人知らずの川柳と紹介しているそうです。また静山公の孫娘が孝明天皇の皇后となられて明治天皇が生まれている。ということは愛子さんにも 1/256 の血が受け継がれていることになるのでしょうか。

 8月下旬のある夕刻、定時のお帰りの時間が一段落した遊戯室から園職員や若い男女の楽しげなハイトーンな歓声が響いてきた。一体何事ならんとのぞいてみると、どっかで会ったことがあるようなないような若い男女7名が目に入ってきた。

 男子2名、女子5名のその若者達は全員高校3年生。学校はそれぞれ異なるが11年前の平成15年3月の卒園児でした。学校の休みを利用して声を掛け合って尋ねきてくれたのでした。嬉しいことです。上の写真は当時担任だったM保育士、卒園児達と当時を知る職員達。お互いに懐かしい話で盛り上がりました。

 5年も経てば職員のほとんどが入れ替わる公立の保育園ではこんな再会はないのでは。塀のイラストを描いたEMさんの2年後輩になる皆さんです。今後のご活躍とご多幸を心から祈ります。またの来園を待ってますよ。

平成26年9月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668