お知らせ

2014/5/08
内科健診:全園児
2014/5/14
マラソン(遊戯室内)/乾布摩擦開始
2014/5/16
遠足:亀田公園(親子参加)
2014/5/21
避難訓練:火災想定(全園児参加)
2014/5/22
体位測定:5月の身長・体重
2014/5/23
お誕生会:5月生まれの園児を皆で祝います

 毎年今頃になると狭い園庭ですが花で楽しくなります。

  花好きだった先代園長が残してくれた庭木には花木が多く、今その花木達が出番真っ盛り。春早くから花をつけ続けているサザンカ雪椿に代わって今度はワタシの番よと春本番を先取りして黄色いハンカチではなくレンギョウが賑やかに庭を明るくしてくれます。それを受け継ぐように今本番が花海棠(カイドウ)花スオウのピンク色、それに負けじとボケが精一杯に花を付けている。その足元には透き通る黄色の山吹がつつましく姿を見せている。地表にはピンクや黄色の桜草チューリップガーベラ芝桜と色とりどり。  やがて濃厚な真っ赤なバラが出番をまっています。

 各組それぞれ進級したり新入園の人も加わったりしました。

 組の名前は元々でもメンバーは一新しました。皆さん早くその組らしくなってください。

  

 お天気のよい日にはできるだけお散歩。行く先はミナトピアが定番ですが西大畑公園まで頑張ることもあります。

  

 ゴールデンウイーク前後になると発症が多いと言われる日本独特の心のやまい症状をいいます。

 昔から4・5月頃の木の芽時には心の病がよく起こるといわれています。 4月の新年度に入って一ヵ月、厳しい受験戦争や就職活動を耐え抜いて念願の学校や職場に見事進学・就職できたのはよいのですが、それまでの生活リズムが大幅に変化し、特に住所まで変わって新しい環境に対する初期の意気込み緊張が、慣れとともにようやく和らぎ始める5月頃になると頭をもたげる心の不安定な状態を表した言葉が「五月病」と名づけられました。東大のキャンパスからこの名称は生まれたとも言われておりますが、東大生でなくとも、多かれ少なかれ誰しも環境が大きく変わった際には経験している現象なのです。就職・進学は人生の大きな節目です。生活のリズムは大きく変化します。それは誰しもが体験し乗り越えていくのです。

 同様な現象は子ども達にも 乳幼児の段階にも当然みとめられます。家庭から保育園に入ったときは子どもの場合は心よりも体ではっきりと拒否を反応します。幼児の場合は遠慮気兼ねなしに全身でそっくりかえって泣き叫んで表現します。肉親にとっては身を切られる思いです。そこで負けてはいけないと分かっていても負けてしまいそうになります。しかし、その反面子どもは想像以上に適応能力を持っております。親が表面的な辛さにまけてしまうとせっかくのその適応力が育ちません。

 そこで負けてはいけません。「負けるが勝ち」という諺がありますが、この場合、その諺は当りません。負けは負けです。大人の気持ちのつらさは結構あとを引きますが、子どもの場合は大人ほどいつまでも引きずりません。しかも初めが肝心です。いったん大人の気持が負けると子どもは敏感にそれを感じとり、次からはその大人の気持の弱さをねらって精一杯拒否反応を表現します。そこで負けてはますますいけません。環境やリズムの変化に巧みに適応できる基礎を造り出すことが遅れて段々深刻にになります。もたもたして深刻にするかどうかは保護者の態度で決まります。

 心のたくましさや辛抱強さは人間の持って生まれた資質であって後天的なものではないといわれておりますが、実は幼少時の特に0~1歳時の体験を通して培われ築かれるのではと私的に実感しております。人生のつらい体験を通して逞しい忍耐心が育っていくのだと考えるならば子育ての辛さは実は子どもにかけがえのない貴重な資質形成・成長の機会を与えているのです。

 幼児期は親の想像以上に親の考え方・態度が影響することを銘記して下さい。

あとがき:この項目は数年前の「園だより」で書いたものを加筆修正しました)

平成26年5月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668