お知らせ

2013/5/2
手造り「こいのぼり」の持ち帰り
2013/5/10
遠足;亀田公園<親子参加>
2013/5/15
マラソン、乾布摩擦を開始
2013/5/16
避難訓練:火災を想定
2013/5/24
お誕生会:5月生まれの園児を皆で祝います

平成25年5月 園だより

新緑の美しい季節になりました

 タケノコや蕗、山菜の美味しい時季になりました。タケノコ(筍)の漢字は竹かんむりに旬(じゅん)と書きます。小さなタケノコが十日程で立派な竹になるからでしょうか。

 緑濃いこの季節になるとしゃきしゃきとした歯触りのウコギの新葉の品のよい独特な香りのお浸しを懐かしく思い出します。

 ウコギ(五加木)といってもご存知の方は少ないと思いますが、山形県米沢市・置賜地方では家々の生け垣として普通に植えられている丈の低い木です。先々代園長が庭に植えてその新葉の味を楽しんだのでしたが、あまり好まなかった先代園長になったらその木は消えてしまって今はない。

 ウコギは漢方薬として中国渡来のウコギ科の植物ですが、米沢地方に多くあるのは上杉藩の知将・直江兼続が栽培を奨励したのが始まりです。

 米沢藩は上杉家が会津120万石から関ヶ原の合戦以後米沢15万石に格下げされたが、その際、家臣を一人もリストラしないでひたすら倹約財政に努め、その一策として食糧にもなるウコギの植樹を奨励した。

 上品な食感の高級食材としてウコギの新芽・葉はタケノコなどとの切り合いやおひたしをはじめ天ぷらなど、様々な料理法があります。

 赤沢では園児に石井式漢字絵本の読み聞かせを実施しております。東京渋谷区の石井式本社に寄せられたお手紙をご紹介します。(原文のまま)

 現在息子は6歳、小学校に通っています。 私達は息子が私のお腹の中にいるときに夫の仕事の都合でアメリカに赴任することになり、その為、息子はアメリカで生まれました。以来ずっとここ、アメリカ東海岸に住んでいます。

 州政府からの決まりで、年に2回全小学校一斉テストがあるのですが、何と息子の査定結果が99%だったのです。「これは99点という意味ではなくて、テストを受けた全員の中の上位1%に位置していると言う意味です。」と言う事を担任の先生と面談をしたときに言われて驚きました「うちの子すごい!天才っ!?」と思ってしまいました。(親ばかですね。笑)

 また、クラスのリーディング(読み)の時間にも、レベルごとに分かれて読んでいるそうなんですが、息子のグループは一番上でレベルも1つ上の学年の学習教材を既に使用しているそうです。英語なのに、我が息子ながらすごいなと思わずにはいられませんでした。

 家では英語の本と、日本語の本をほぼ毎日読んでいます。きっとこの読み聞かせが良かったのだなと思いました。  思い起こせば初めて読み聞かせをしたのが石井式の「みーちゃんどこ?」でした。息子が1歳半のときです。あの頃は本を読もうとしても、本を投げたり、叩いたり、破いたりして、なかなか読み始める事が出来ませんでした。でも、今では本大好きです。感慨深いものがありますね。 石井式では毎日10分取り組むことを目標にしていましたが、全然出来ていないときもありました。それでも、月一回の通信教育の先生とのミーティングでなんとか取り繕って、また新たに一ヶ月間、新しい本で読み始める。決して真面目にキチンとやってきたわけではありません。が、何年も続けた事のほうが大きい成果として現れたようですね。今まで支えてくださった通信教育の先生には感謝です。そもそもどうして幼児に漢字教育を始めようと思ったのかには私なりの体験があったからです。

 私の知り合いで子供のときに海外生活をしていた同僚をこの目で何人も見てきましたが、現地の日本人学校に通っていたにも関わらず、日本語を話したり、読んだりすることが苦手だったり、書くのにも四苦八苦していました。でも、皆さん素敵な社会人で仕事もとても良く出来るんですけれどね‥‥。「日本語は頭の善し悪しに関わらず、日本人学校に行った行かないに関わらず、自身で身につけないといけないものなのだな。」と思ったものです。日本人学校に通っていても10歳を境に通わなくなったり、日本語の勉強を止めてしまう人もいると言う事を、息子が生まれてから聞きました。理由は現地、英語での勉強も大変になってくる時期であり、子供への負担が増えたからです。  このような理由から、息子が生まれてから、幼児からでも漢字が学べる、もしくは何か日本語を学べる方法はないかと考え始めていました。すると夫が、石井式のことを教えてくれたんです。以来4年半、ほそぼそと続けてきました。今までの石井式の漢字絵本と漢字カード、CDをこれからも使ってなんとか10歳までは、復習を続けて行きたいと思っています。

 太陽系が大好きな息子は将来は天文学学者になりたいそうです。夢を叶えられるよう、私も少しでも協力出来たらと思っています。

 2013年4月  岡口 真咲美  アメリカ東海岸デラウェア州在住

 (岡口さんは東京八王子市ご出身。将来米国に永住予定だそうで、子どもに本物の日本語をと石井式を選ばれたのです。)

平成25年5月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668