お知らせ

2010/10/22
お誕生会
2010/10/13
自然科学博物館訪問
2010/10/06
保護者会委員会
2010/10/08
いも掘り遠足(保護者同伴)

平成22年10月 園だより

暑さ寒さも彼岸まで :

 秋の節気に入っても続いた今年の暑さはまた格別でした。

 お彼岸の中日・秋分の日は9月23日でしたが、そこまで連日30度以上の目一杯の暑さが続いたのには驚くやら閉口しました。今年の冬の降雪や寒さは一体どうなるのか気がかりです。

 「いも掘り遠足」当日の10月8日は二十四節気の「白露の入り」にあたり、白露は本格的秋の入り口です。「遠足」当日の好天を祈ります。

秋は薄着習慣を作る絶好の機会

 これから寒さに向かい気温が低くなります。気温の低下に従って服装もだんだん厚着に変わっていきます。また風邪引きが多くなる季節でもあります。

 風邪にかかりやすい人、また一旦かかると重症になりやす人やあるいは回復の遅い人、と、そうでない人とに結構分かれます。そしてさらに観察すると普段厚着の人ほど風邪をひきやすいようで、反対に普段薄着の人は風邪ひきにも縁が薄い。厚着の人の場合は室温が高くなったり運動すると汗をかき易く、その汗が風邪引きの原因になります。普段薄着の人はなかなか風邪と縁が薄くかかっても軽症に終わる場合が多い。

 以前に厚着の習慣がついていても夏の気候でそれまでの習慣はご破算です。3歳頃まではともかく4~5歳位になると運動量も大幅に増加し、それに従って身体的にも日一日と大人の想像以上に成長変化します。そんな時寒さに向かって厚着を重ねるペースを少しでも遅らせて寒さに慣れるよう努めるのです。重ね着を一日でも遅らせ、一枚でも少なくするのです。

 寒さに向かうこの時期が厚着の習慣から薄着に切換えて丈夫な子どもへと変身する絶好の機会です。厚着習慣の虚弱体質から脱出するのです。汗っかきのお子さん程本来丈夫な体質に恵まれています。また厚着は体の動きを鈍らせます。

 ご承知のように関東地方の場合、冬の気候はほとんど降雨や降雪がなく晴天続きが多い。保育園幼稚園の担任が寒がりのクラスの窓は閉め切りがちが多い。それに反して元気のよい担任の場合は開けっ放なす事が多い。園児の風邪引きは寒がりの担任のクラスの子ども達が目立って多いそうです。閉め切った暖房の利いた部屋の汚れた空気と常に外気に直接触れる機会の多いだけで、それだけでも健康によいようです。

 新潟地方の真冬の気候では窓開けはできませんが、大いに参考になる情報です。薄着への切換えを頑張ってみましょう。ただし、一旦体調が悪い時には無理をしないでください。

はだし保育と東大生

 猛暑の真っ最中の8月末のある日、東大教養学部理Ⅰに在籍するKI君の訪問を受けた。彼がこの東湊町通3丁目の実家に夏休みで帰省中だったのを知り訪ねてくるようにお願いしたもの。

 彼は石井式漢字教育を平成5年に取り入れて間もなくの平成9年3月赤沢保育園を卒園後、地元の豊照小、二葉中、新潟高校を経て、昨21年4月、上記の東大理Ⅰに見事にストレートに合格入学している。将来は化学分野に進みたいと考えているそうです。

 保育園当時に受けた教育や体験がどこまで将来に影響作用したかどうかを彼の記憶や理解を通して何とか知ることが出来ないかと、一度訊いてみたかったのでした。

 考えてみるまでもなく、保育園時代に受けた体験などを、ましてや受けた教育などを思い出すことができるのかどうかは、極めて難しい話です。

 しかし彼の言によれば、俳句や諺はずっと憶えていたし、今でも幾つかは言えるほどだ。特に諺はどんなにか実際に役だったか計り知れない。そして彼の感覚ではそれにもましてよかったと感謝しているものとして「はだし保育」を通してはだしの習慣を獲得したことが極めてよかったと感謝しているとのこと。

 園内では冬でもはだしである。はだしは体の動きを敏捷にし、そのことは頭脳の活性化を促し、偏平足や外反母趾への可能性を大きく予防する効果もあります。

 平成9年時の卒園生は全部で11名でした。女子で漢字かるたで全国大会で優勝したKAさんもいる。彼女は新潟大の法科に入学しており、石井式漢字教育には強く感謝している。

白鵬・イチローの大記録

 大相撲9月場所で横綱白鵬が全勝優勝し、同時に連勝記録を62とし、大相撲史上最多連勝記録である双葉山の69連勝に次いで2番目の大記録となった。次の九州場所で連勝が続けば7日目で双葉山の記録と並び8日目にはそれをも超える大記録へと迫ることになる。

 双葉山の連勝記録は昭和11年1月場所から始まった。当時は一場所11日だったが、双葉山人気で次の五月場所は13日となり、その次の場所から現在と同じ15日となった。双葉山の連勝記録は昭和14年1月場所の3日目まで続いて69勝の記録となった。

 また園長の思い出話で恐縮ですが、昭和13年4月に小学校に入学したので、その時はまさにその連勝記録の真っ最中でした。ラジオがようやく普及し始めた頃で、実況中継が何とも不思議なことが出来るものだと話題になっている時にこの連勝が続き、文字通り日本中が双葉山の話題で持ちきりでした。学校から帰ると今日も勝ったかどうかを確かめていたことがはっきりと思い出されます。

 米国野球大リーグのシアトルマリナーズのイチロー選手がシーズン200安打を10年続けております。これも物凄い大記録です。

 世紀の大記録を見守ることが出来る幸せをよく噛みしめましょう。

平成22年10月号

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668