1日(金)  体育遊び:ぞう、ぱんだ組

5日(火)  英語で遊ぼう:ぞう組

7日(木)  園内かるた大会

8日(金)  餅つき大会:全園児で楽しみます

11日(月)  郵便ごっこ:ぞう組が中心となって手紙のやり取りをする

12日(火)  英語で遊ぼう:ぱんだ組

13日(水)  避難訓練:(地震)全園児参加

15日(金)  体育遊び:ぞう、ぱんだ組

19日(火)  英語で遊ぼう:ぞう組

21日(木)  体位測定:12月の身長、体重を計測

22日(金)  お誕生会:12月生まれの園児を皆で祝います

23日(土)  天皇誕生日:(祝休日)

25日(月) クリスマスお楽しみ会:歌やダンスをして楽しみ、サンタさんからプレゼントを頂く

26日(火)  英語で遊ぼう:ぱんだ組

28日(木)  年末の布団持ち帰り(業者による布団クリーニングを斡旋) *ぞう組午睡終了

焚くほどは 風が持てくる 落ち葉かな  良寛

 信濃川に架かる萬代橋や昭和大橋から上流方向を眺めると上の写真のような山の連なりがみえます。その山並みの左端が国上山(くがみやま)。今からおよそ250年前、その国上山に住まいした子ども好きなお坊さん、良寛さんのことは新潟人なら一度は耳にしているかと思いますが、、その良寛さんが詠んだ句が上記の「焚くほどは‥」です。

 今園内遊戯室での園児たちは遊び動きの焦点は専ら11月末の「縄跳び大会」のための練習と上記の12月1月に開催の「かるた大会」に備えての練習に集中している。良寛や芭蕉、蕪村や正岡子規等の詠んだ俳句や日本古来の諺(例:飛んで火に入る夏の虫)や成句(たとえば「読書百遍意おのずから通ず」等を読み込んだカルタのカルタ取りの練習が盛んに行われているのです。

 その「かるた」についてもう少し踏み込んで説明すると:
「俳句かるた」で使用されている句は特に子ども向けの句ではなく通常の古来からの名句そのままです。例えば;

 柿くへば 鐘がなるなり 法隆寺          正岡子規

 目には青葉 山ほととぎす 初鰹         松尾芭蕉

 痩せ蛙  負けるな一茶  これにあり      小林一茶

 春の海 ひねもす のたりのたりかな       与謝蕪村

 雪の朝 二の字二の字の 下駄の跡        田 捨女

 「諺(ことわざ)かるた」は日本古来から伝承されている教訓的な語句や成句で編集されている。

 例えば; 「時は金なり」 「猿も木から落ちる」 「目は口ほどにものを言う」 「転ばぬ先の杖」 「火のないところに煙は立たず」 「縁の下の力持ち」 「三人寄れば 文殊の知恵」 「聞くは一時の恥 聞かぬは 一生の恥」 などなどです。

 通常の俳句や古来の格言成句はそのままでは大人の感覚では難しいのではとの心配をよそに、子ども達は「俳句」や「諺」の札をすいすいと取り記憶して行くのです。

 練習を重ねるにしたがって子どもたちの脳裏にはそれら名句や格言成句がしっかりと焼きついていくのです。

 先人の知恵や教訓がぎっしりつまった格言や言い伝え、言ってみれば生活の知恵そのものが「諺・ことわざ」です。この機会に諺かるたに収録されている語句を拾ってみました。

 ① 急がば回れ
 ② 言うは易く行うは難し
 ③ 井の中の蛙 大海を知らず
 ④ 石の上にも三年
 ⑤ 蛇ににらまれた蛙
 ⑥ 飛んで火に入る夏の虫
 ⑦ わが身をつねって人の痛さを知れ
 ⑧ 糠に釘
 ⑨ 笑う門には福来たる
 ⑩ 蛙の子は蛙
 ⑪ 楽は苦の種 苦は楽の種
 ⑫ 立つ鳥後を濁さず
 ⑬ 二兎追うものは一兎をも得ず 
 ⑭ 残り物に福あり
 ⑮ 口は禍の門
 ⑯ 虎穴に入らずんば虎児を得ず
 ⑰ 出る杭は打たれる
 ⑱ 礼も過ぎれば無礼になる
 ⑲ 親しきなかにも礼儀あり
 ⑳ 失敗は成功の基

  作品展は子どもたちの作品展でもあるが各担当職員たちのデスプレイはそれぞれの努力と工夫の作品展でもある。せっかくの努力の軌跡の断片を写真で残したいと考えました。

 10月ころはまるで跳べなくて一回ごとにまたいでいた子も、上手に跳べるようになりました。やれば出来るようになるんだ、そして頑張れば記録があがるんだと一人一人がわかる良い機会。順位はこれまでの練習記録も参考にしました。

平成29年12月号

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成29年11月号
平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668