1日(金)  赤沢保育園第128回創立記念日:明治23年(1890)6月1日創立

1日(金)  衣替え

1日(金)  体育遊び:ぞう、ぱんだ組

6日(水)  歯科健診:麻生歯科医師

8日(金)  避難訓練:地震想定(全園児参加):昭和39.6.16.新潟地震発生

12日(火)  運動会予行練習

13日(水)  ピアニー指導:ぞう組

15日(金)  体育遊び:ぞう、ぱんだ組

16日(土)  運動会:日和山小学校体育館にて

19日(火)  英語で遊ぼう:ぞう組

21日(木)  体位測定:6月の身長、体重を計測

22日(金)  お誕生会:6月生まれの園児を皆で祝います

26日(火)  英語で遊ぼう:ぱんだ組

29日(金)  *園だより等配布

お陰様で創立128年を迎えます

  園庭のバラが見事に開花、初夏到来をしっかりと教えてくれます。

  明治23年(1890)6月1日に「赤沢保育園」は誕生いたしました。

  明治23年創立者赤澤鍾美(あつとみ)はそれまで小学校教員をしておりましたが、小学校課程の教場を自宅に設立し「静修学校」と命名しました。

  明治20年当時、小学校の入学率は5人に一人程度で政府がいくら力んでも当時の一般家庭は子どもを朝から弁当持参で月謝を払って(大正末期まで公立小学校は有料だった)小学校に通学できる家庭は少なかった。年齢、通学時間や期間も選択自由な「静修学校」は予想以上に盛況だった。ところが通学生の中には勤務・奉公先の赤ん坊や幼い弟妹を背負ったままの生徒が少なからず見受けられた。鍾美はそれら幼児を一室にまとめて鍾美の家族がその世話をして生徒の受講の便をはかった。それが保育のはじまりとなった。その幼児保育の好評もあって静修学校の運営は発展した。やがて子どもだけを見てほしいとの要望もあり鍾美はそれにも応じた。

  明治・大正・昭和へと時代の推移とともに小学校への入学率も向上し、それにつれて静修学校の入学生は減少、昭和12年鍾美の死去とともにその歴史を閉じ、幼児保育が現在までに至っている。

いかのおすし

#

  5月の大型連休明けの新潟市は、とんでないショッキングな事件、しかも最悪な結末に見舞われました、

  市内小針小学校2年生大桃たまきちゃんの事件ですが、しかもその犯人がたまきちゃんと目と鼻の先の近くの永年の住人とのことには耳を疑いました。

  危険な変質者や異常者の悪の手に乗らないようにと保育園では、上記の「いかのおすし」かけことばを繰り返し子どもたちの耳にとどけております。たまきちゃんも繰りかえし耳に口にしていたことでしょう。

  しかし実際問題として人は頭の中では何を考えようと自由です。いかなるトッピナ変った言動をする人であっても、それが法の範囲内であれば自由であり問題にすること出来ません。変なおじさんでもおばさんでも人それぞれ自由です。変わったお兄さんやお姉さんがいてもそれだけなら話だけの問題です。変な行為をやるがどうかを事前に見分けることはできない話。

  そうは言っても子どもを守るためにはどうすればよいのでしょうか。究極の防御法は「子どもを決して一人にしないさせない」ことにつきるのではないでしょうが‥。難しい問題です。

  連休明けのもう一つの悲しい出来事、五頭山連峰松平山での市内北区の父子遭難事件。

  昨年9月の園だよりで「護摩堂山ハイキング」をお勧めしたこともありで一言触れます。まず松平山と護摩堂山とでは難易度が大違いです。ズック靴と一食の食糧、一年生の父子連れ「護摩堂山」なら楽しいハイキングです。残雪の千メートル級のしかも地元の人も殆ど登らない松平山をなぜ選んだのか残念でなりません。

  山は高度に関係なく侮ってはいけません。特に降雪地帯の春山の道は融雪の関係で年間を通して最荒れの状態です。

  山は高低に関係なく危険と背中合わせです。低山歩きといえども慎重に信頼ある情報・経験者の助言確認が必須です。

自然科学館訪問

   新年度最初のメーン行事の遠足でしたが残念ながら天候不良のため県立自然科学館へと行く先変更。せっかくの「とん汁」も今回は楽しむことが出来ませんでした。他の団体さんも多いため館内の展示品や装置を落ちついて楽しむことが出来なかったことがこころのこりでした。

# # # # #

平成30年6月号

☆保育士及び保育補助募集しております。

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開

園長だより

平成30年5月号
平成30年4月号
平成30年3月号
平成30年2月号
平成30年1月号
平成29年12月号
平成29年11月号
平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668